検索
  • Kumi Umuyashiki

神聖さを内に見出す - Happy Yoga: Reason 4 (和訳) #2


Steve Rossが執筆した "Happy Yoga" を、部分的に翻訳しています。


今回は第一章に当たる "Reason 4: "YOU ARE NOT YOUR DAILY GRIND" より、P160~P162を所々要約して、和訳しています。


*****


Happy Yoga by Steve Ross


FINDING THE DEVINE WITHIN

神聖さを内に見出す


どこにも行く必要はない。

何をする必要もない。

真実でないものを手放していけば良いだけで。

真実はいつも共にあるのだけれど、そうでないものによって、隠されているだけなんだ。


変化するものの、もっと深い場所に、真実がある。

ありふれたものの中に、真実が存在する。


かくれんぼって遊びがあるけれど、人生も同じ、神聖なものの戯れ(leela)なんだ。


すべてに、神聖さと大いなるものを見出して、生きること。


「神聖さは、姿を表したり隠したりする。」

これがヨガの練習者たちの世界観。


例えば美しい夕日を見ると、神々しいと感じる。

これらは「神聖さが表れている」と、表現する。


でも、銃声が鳴り響いているような場所で神聖さを感じることはない。

これは「神聖さが隠れている」、と表現する。


ヨガの練習者にとっては、良い・悪いの極性があったとしても、すべてが神聖なんだ。

状況によって神聖さが表れる状況と、隠れてしまう状況があるって考えるんだ。


でも誰だって、神聖さが表れる方を好む。

愛、思いやり、自由、祝福、真実とかね。


神聖さのないような状況にくると、「これって最悪、意味がわからない。恐ろしいし、苦しいじゃないか」って、人は小さな心の目から、状況を判断する。


でも、もっと巨大で広い目で世界を見ていくと、すべてが理にかなっている。


愛、思いやり、委ねること、それで良しとすること、許すことなど、神聖な側面で世界を見る時には、そういった広い目で世界を見て神聖さを感じている。

でも、神聖さが見えない状況に囚われ続け、抵抗したり、怒りや憎しみを持ったり、暴力的になったり、嫌悪したりばかりしていると、広い目で世界が見られなくなってしまう。


ヨガの練習者は、どうやっていつも神聖さを世界に見出しているのだろう。


神聖さとは、あなたそのものなんだ。

考え続けることを止めてみると、それをもっと体験することができるようになる。


自分が神聖だと感じていくために、今ある瞬間を受け入れていく。

瞬間瞬間が、神聖なものなのだから。

今の状況に抵抗しない。

神聖なものは、表面上では見えないかもしれないけれど、深いところに存在するのだから。


起こるべきことは、起こるんだ。

それについて、ただ、できることを行う。

でも、それについてずっと考え続けることは、苦悩をもっと深めてしまう。

手放してみてはどうだろう。


ヨガのクラスを終えて、自由になれた感覚でスタジオを出ていくことができるんだったら、同じことを、人生でも行えるはずだ。


あなたの人生は、そのままで完全なんだ。

すべての側面がそのままで。

それらはあなたが進むべき方向を示してくれている。


そんな風に人生を見られるかどうかは、自分がどれだけ今の状況に抵抗しているか、による。神聖さは表れているのか、神聖さは隠れているのか?どちらの見方で今の状況を見ているかによって、状況の捉え方が変わってくる。

問題に見えることが、もしかすると、変化を起こすきっかけを与えてくれているのかもしれない。


内でも外でも、愛、喜び、祝福、思いやり、静けさ、優雅さという神聖さで生きるということ。

それが本当のヨガを生きるということなんだ。



*****

Steve Rossによるダーマトークと瞑想のクラスを開催しています。

毎週土曜日10:00~11:30am

アメリカより配信 on Zoom(通訳付き)

詳細はこちら☞ Meditation with Steve Ross



スティーブ・ロス Happy Yoga 和訳
Happy Yoga by スティーブ・ロス


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示