検索
  • Kumi Umuyashiki

ひとりの時間 - Happy Yoga: Reason 2 (和訳) #2


Steve Rossが執筆した "Happy Yoga" を、部分的に翻訳しています。


今回は第一章に当たる "Reason 2: "YOU CAN HAVE TRUE LOVE" より、P53~P54を所々要約して、和訳しています。


*****


Happy Yoga by Steve Ross


SOLITUDE

ひとりの時間


誰かに認めて欲しいとか愛して欲しいと感じている場合、自分のパワーを相手に委ねていることになる。

誰かから受け取るものは、誰かに取り上げられてしまう可能性もあるから。

だからそういうものには一貫性がない。

相手からもらう承認や愛は、嫉妬や感情的な問題を引き起こす。

たぶんみんな、すでに経験済みかもしれない。


ひとりの時間は休息を与えてくれる。

一歩下がったところから自分がいる場所や、この先どこに行きたいかを見つめることができる。

ひとりの時間を持つことで、次に訪れる人間関係(特に親密な関係)の質が良くなる。

頭はクリアになっているし、ハートはより開いた状態であれるのだから。


自分ひとりの時間を過ごすことは人生を変えてくれる。

他の人のリアクションや裁きを受けることもなく、自分だけに取り組むことができて、自分と過ごすってどんな感じなのかを経験できるのだから。


ひとりでいて自分と気が合わないって場合、他の人だったら自分と気が合ってくれるかっていうと、他の人もきっと居心地悪いと感じるものだ。

自分ひとりでいることが居心地悪い場合、他の人との関係性の中でも居心地悪さが生じてくる。


ひとりで過ごすことを大切にしていくと、ひとりの時間って楽だな、と感じるようになる。

自分と時間を過ごすことに、平和を見出せるようになってくる。

自分といることに平和を見いだせるようになると、他の人といることにも平和が生じてくる。


静かな時間を持って、毎日の混沌とした生活よりも、もっと意識を深いところに持っていけるようになると、それがヨガの練習になる。

その静けさの中で体に感じる愛は、極性のない愛なんだ。


ひとりになると、最初は思考のうるささに気づくだろう。ほとんどの人が頭の中のざわざわが止まらないのだから。

止めようと思っても止まらない。きっと雑念に振り回される。


思考を静かにするひとつの方法は、ただ観察してみるってこと。

思考が起こっても良しとして、過ぎ去らせてあげるんだ。


頭の中に浮かんでくることを、裁かずに、観察する。

そうして思考が少しでも静かになったら、もっと繊細な存在としての自分を感じ始めることができるだろう。


例えば、体にはどんな感覚がしているのか?

痛み、痒み、ひきつりみたいなものはあるだろうか?

もう少し繊細なエネルギー(気)のようなものは感じるだろうか?

重い感じがするのか?

軽い感じか?

詰まった感じ?

体に空間を感じるのか?


そういうエネルギーを観察しながら、自分は一体どういうものなのか、他人の評価や、自分の思考や言葉以外に、自分は本当はどういうものなのかを、感じてみるんだ。


すべてを認識して、すべてを起こさせてあげて、すべてを受け入れる。


感覚を感じ取っていく。その感覚に変化が生じてきたら、生じさせてあげる。


自分という存在が開き、存在の中に空間が広がってくるだろう。

それは「本来の自然な自分」に近づいているということなんだ。



*****

Steve Rossによるダーマトークと瞑想のクラスを開催しています。

毎週土曜日10:00~11:30am

アメリカより配信 on Zoom(通訳付き)

詳細はこちら☞ Meditation with Steve Ross



スティーブ・ロス Happy Yoga 和訳
Happy Yoga by スティーブ・ロス


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示